昭恵氏と政府職員を告発=守秘義務違反容疑で

時事通信社

4月19日(水)21時13分

 大阪府豊中市の国有地の格安売却問題をめぐり、森友学園側に国の予算措置に関する方針をファクス送信したとして、高松市の男性が19日までに、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で安倍晋三首相夫人の昭恵氏と、当時の夫人付職員を大阪地検特捜部に告発した。告発は18日付。

 告発状によると、夫人付職員は学園側から問題の国有地に関する問い合わせを受け、2015年11月、工事費の立て替え払いについて財務省から「2016年度での予算措置を行う方向で調整中」との回答を得たとファクスした。

 男性は「職務上知った秘密の漏えいに当たり、昭恵夫人は漏えいをそそのかした」としている。

 【時事通信社】

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×