新はがき、いきなり誤表記=1400万枚、「往復」印字なし-日本郵便

時事通信社

5月19日(金)19時50分

15日に販売を始めたばかりの新しい往復はがきで見つかった誤表記。左側が正しい印刷、右側が誤って印刷されたもの(日本郵便提供)
クリックして拡大

15日に販売を始めたばかりの新しい往復はがきで見つかった誤表記。左側が正しい印刷、右側が誤って印刷されたもの(日本郵便提供)
 日本郵便は19日、6月1日の郵便料金値上げに先立ち15日に販売を始めたばかりの新しい往復はがき(124円)に、誤表記があったと発表した。はがき上部に「郵便往復はがき」と表示すべきところを「郵便はがき」とした。すでに1400万枚が印刷済みという。

 消費税増税時を除くと約23年ぶりとなる郵便料金値上げを前に、初歩的なミスが発覚したことについて、日本郵便は「大変ご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」と謝罪した。実際の使用に支障はないため、誤表記のまま販売を続け、6月上旬から順次、正しい表記のものに切り替える。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×