NAFTA再交渉を注視=メキシコ進出の日本車メーカー

時事通信社

5月19日(金)20時52分

 米国のトランプ政権が見直しの意向を示しているメキシコ、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が、8月にも始まる見通しとなった。日本の自動車大手の多くは、人件費の安いメキシコで生産した車を米に輸出しており、NAFTAのルールがどう変わるのか再交渉の行方を注視している。

 現在のNAFTAのルールでは、メキシコで生産した低コストの車を関税なしで北米に輸出できる。しかし、トランプ大統領は米国内の雇用が奪われるとしてメキシコでの自動車生産を繰り返し批判。今後の再交渉次第では、各社は米への輸出に際して高い関税を課されたり、生産体制そのものの見直しを迫られたりする可能性がある。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×