「ウィキリークス」創始者の性犯罪容疑、捜査打ち切り

JNN/TBS

5月20日(土)6時39分

 内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者、ジュリアン・アサンジ氏について、スウェーデンの検察当局は性犯罪容疑の捜査を打ち切ると発表しました。

 アメリカの機密文書をウィキリークスで公開したアサンジ氏はスウェーデン当局から性犯罪の容疑に問われましたが、2012年、アメリカへ身柄が引き渡される恐れがあるとして、ロンドンのエクアドル大使館で亡命を申請し、5年近く籠城を続けていました。こうしたなか、スウェーデン検察は19日、「これ以上捜査に関して、すべきことがない」として捜査の打ち切りを発表しました。

 「捜査打ち切りを受け、アサンジ氏が報道陣と支援者の前に姿を現しました」(記者)

 「今日という日は私にとって、大事な勝利の日だ」(ジュリアン・アサンジ氏)

 さらに、「許すことも忘れることも出来ない」と、これまでの捜査を強く批判しました。ただ、アサンジ氏には保釈中にイギリスの裁判所に出頭しなかった容疑で逮捕状が出ていて、ロンドン警視庁が逮捕する方針を変えていないことや、アメリカ政府が立件を検討していることなどから、アサンジ氏は今後も籠城を続けざるを得ないとみられています。(20日03:24) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×