ビデオ判定で「ホークアイ」=FIFA

時事通信社

5月19日(金)21時26分

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、試験的に導入されているビデオ判定(VAR=ビデオ・アシスタントレフェリー)の技術提供者としてソニー傘下の英国企業「ホークアイ・イノベーションズ社」を選んだと発表した。

 VARは、昨年12月に日本で開催されたクラブ・ワールドカップ(W杯)で、FIFA主催大会として初めて導入された。20日に韓国で開幕するU20(20歳以下)W杯やコンフェデレーションズ杯(6月17日開幕、ロシア)、クラブW杯(12月、アラブ首長国連邦)でテストが継続される。

 「ホークアイ」は複数のカメラで捉えられた映像を解析する技術で、サッカーではゴール判定補助として採用されている。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×