NY円、111円台前半

時事通信社

5月20日(土)7時47分

 【ニューヨーク時事】週末19日のニューヨーク外国為替市場では、トランプ米政権の先行きをめぐる不透明感がくすぶる中、相対的な安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となり、円相場は1ドル=111円台前半に上昇した。午後5時現在は111円21~31銭と、前日同時刻比23銭の円高・ドル安。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×