韓国が北朝鮮に「2つの対話」提案

JNN/TBS

7月17日(月)21時46分

 核とミサイル開発で暴走する北朝鮮は、韓国の呼びかけに応じるのでしょうか。韓国は17日、北朝鮮に対して軍事会談と赤十字会談の「2つの対話」を提案しました。

 「南北が向かい合って座るならば、お互いの関心事について虚心たん懐に議論できるでしょう」(韓国 チョ・ミョンギュン統一相)

 韓国国防省は北朝鮮に対して、軍事境界線付近での敵対行為の停止を話し合う南北軍事会談を今週21日に開催したいと提案しました。双方が行っている宣伝放送などの中止を協議したい考えです。また、韓国の赤十字社は、おととしから中断したままの南北離散家族の再会を話し合う赤十字会談を8月1日に行うことを提案しました。

 「条件が整えば平壌に行く」(韓国 文在寅大統領 今年5月)

 朴槿恵(パク・クネ)政権の政策を転換し、北朝鮮との対話を重視する文在寅(ムン・ジェイン)大統領。これまで国際会議への参加を呼びかけたり、平昌(ピョンチャン)オリンピックでの南北合同チーム結成を提案したりするなど対話の糸口を探ってきました。

 しかし、北朝鮮は提案には応じず、ICBMの発射実験を行うなど挑発をエスカレートさせてきました。それでも「対話」にこだわる文大統領は、今月6日、今回の提案の布石となる演説を東西ドイツ統一の象徴、ベルリンで行ったのです。

 「軍事的緊張の悪循環が限界点に達した今、対話の必要性が過去のいつよりも切実になっています」(韓国 文在寅大統領)

 北朝鮮はこの演説を「詭弁だ」と非難する一方で、政治・軍事的対決状況の解消が必要だとも指摘していました。こうしたことから、韓国政府関係者はJNNの取材に対し、会談の実現に期待を滲ませています。

 「(去年5月の党大会で)金正恩(キム・ジョンウン)氏は南北軍事会談を提案したことがある。北朝鮮が韓国の提案を何らかの形で受け入れる可能性は高いと期待している」(韓国政府関係者)

 朝鮮半島外交筋によりますと、北朝鮮は会談に応じる方向であるものの、日程などについて最終調整中だということです。ただ、北朝鮮が対話に条件や難題を突きつけ、事態をより複雑にすることも予想され、今後の北朝鮮の対応が焦点です。(17日16:34) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×