五輪男子監督に森保氏=12月に始動-サッカー

時事通信社

10月12日(木)18時02分

森保一氏 東京五輪サッカー男子監督
クリックして拡大

森保一氏 東京五輪サッカー男子監督
 2020年東京五輪のサッカー男子日本代表監督に、J1広島で監督を務めた森保一氏(49)の就任が決まった。12日、東京都内で開かれた日本協会理事会で承認された。契約期間は東京五輪まで。

 五輪男子監督の人選は、西野朗技術委員長を中心に行われ、広島を3度J1年間優勝に導いた森保氏の実績や育成手腕などが評価された。西野氏は「Jリーグの中で最高の実績を残した指導者の一人。着実に成長するチームづくりをしてほしい」と期待を寄せた。

 長崎市出身の森保氏は、現役時代は守備的中盤として日本代表などで活躍。引退後指導者に転じ、12年から今年7月まで広島を率いた。研修のため渡欧中の同氏は、日本協会を通じて「地元開催で重責を感じる。目指すところは当然メダル獲得」と抱負を寄せた。

 五輪男子サッカーは原則23歳以下で争われ、今年のU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場した世代が中核。12月の国際大会(タイ)が初戦の予定で、来年1月にはU23(23歳以下)アジア選手権(中国)に出場する。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×