リコールなら費用請求=神鋼改ざん問題で-スバル社長

時事通信社

10月12日(木)20時44分

 神戸製鋼所のアルミ製品改ざん問題で、SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は12日、自社製品への影響を調査していると説明した。自動車のリコール(回収・無償修理)に発展した場合には「通常は(費用を)求償する」と語った。東京都内で講演後、記者団の質問に答えた。

 吉永社長は、品質管理をめぐる不祥事が相次いでいることについて、「日本の製造業の信頼を失墜させるようなことばかり起き過ぎている」と述べ、懸念を示した。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×