大観の大作、100年ぶり発見=来年「生誕150年」展で公開-東京・京都

時事通信社

10月12日(木)21時38分

横山大観の「白衣観音」(1908年、個人蔵)(東京国立近大美術館提供)
クリックして拡大

横山大観の「白衣観音」(1908年、個人蔵)(東京国立近大美術館提供)
 東京国立近代美術館は12日、日本画家横山大観(1868~1958年)の人物画「白衣観音」が約100年ぶりに見つかったと発表した。来年、同館と京都国立近代美術館で開かれる「生誕150年 横山大観展」に出品される。

 「白衣観音」は縦約140センチ、横約113センチの大作で、インド風に描かれた女性像。1912年刊行の「大観画集」にモノクロで掲載されていたが、その後所在が分からなくなり、このほど所有者から情報が寄せられて展示が決まった。

 東京国立近代美術館の主任研究員、鶴見香織さんは「プロポーションが少し変わっているなどの特徴があるのは、試行錯誤の時期に描かれたため。大作であり、自信作と思われる。今になって見ることができるのは奇跡的なこと」と語った。

 【時事通信社】

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×