北朝鮮北東部でM2.9の揺れ観測

JNN/TBS

10月13日(金)3時08分

 アメリカ地質調査所は日本時間の午前1時41分、北朝鮮の北東部、両江道(リャンガンドウ)のソンジペガムでマグニチュード2.9の揺れが観測されたと伝えました。

 震源の深さは5キロで、自然地震ではないかとみられています。

 地震があった地点は、核実験場のある豊渓里(プンゲリ)の近くにあたります。(13日02:52) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×