猫を踏みつけ殺した疑い、元高校講師を書類送検

JNN/TBS

10月13日(金)9時00分

 今年5月、北九州市で飼っていた猫を足で踏みつけるなどして殺したとして、元高校講師の男が書類送検されました。

 動物愛護法違反の疑いで書類送検されたのは、大分市の元高校講師の男(25)です。男は今年5月、当時住んでいた戸畑区内の集合住宅で、飼っていた猫1匹を足で踏みつけたり床にたたきつけたりして殺した疑いがもたれています。

 騒音の110番通報で駆けつけた警察官が男の自宅を確認したところ、ごみ袋の中から死んでいる猫を発見しました。男は北九州市内の複数の高校で講師をしていましたが、事件当日に依願退職しています。

 取り調べに対して男は、「ストレスを癒してくれる、私を楽しませてくれる、理想の猫じゃなかったからやった。他にも20匹ぐらい殺した」などと供述しているということです。(13日04:33) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×