韓国大統領、インド太平洋協力に慎重姿勢=「詳しい説明必要」

時事通信社

11月14日(火)21時09分

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、トランプ米大統領が打ち出している「インド太平洋」地域の協力について「われわれの立場表明は留保し、今後、さらに詳しい説明を聞くことにした」と述べ、慎重な姿勢を示した。訪問先のマニラで行われた同行記者団との懇談内容を大統領府が公表した。

 文大統領は「(7日の米韓首脳会談で)われわれとしては初めて聞いた提案だった」と指摘。「インド太平洋の経済分野や、共同繁栄に向けた協力なら、異論があるはずはない」としながらも、「(トランプ大統領が)韓米同盟をインド太平洋協力の『軸』と位置付ける発言をしたので、その趣旨を正確に知るのは難しかった」と説明した。

 【時事通信社】

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×