【茨城】納豆と長芋のおろし揚げの作り方

ビエボ

2月17日(金)17時55分

揚げ物 落として揚げるだけの簡単料理

納豆と長芋のおろし揚げは、長芋をすって納豆をまぜ、スプーンですくって揚げ油で揚げるだけの簡単料理です。
簡単ですが栄養満点で、味もばっちり!茨城は納豆の生産地としても有名で、その中でも県産の「納豆小粒」は糸引きもよく、独特の風味と口当たりがとても美味しいそうですよ。

■揚げ物 材料
▼材料(2人分)

長いも・・・100g
納豆(小粒:タレ付き)・・・1パック
青のり・・・小さじ1/4
小麦粉・・・大さじ2
塩・・・適量

■揚げ物 作り方
長芋は皮をむいてボウルにすりおろします。
納豆、付属のタレ、青のり、小麦粉を加えよく混ぜ合わせます。
小麦粉を加えているので、長芋と納豆がまとまります。

170℃の油に具材をスプーンで一口大ずつ落とし入れ、きつね色になるまで揚げます。
この作業を行うことから、この料理は「落とし揚げ」とも呼ばれます。

器に盛り、塩を添えて完成です!めんつゆで頂いても美味しいですよ♪

詳しい作り方は記事をチェック♪

最後に
外はカリっと仕上がり、中は長芋と納豆でふわふわです!
長芋は栄養満点の食材で、消化の促進、食物繊維、滋養強壮などなど、あのネバネバの中に体に有益なものがたくさん隠れています。
それに加えて納豆も入っているので、体には良いことずくめ!ぜひ作ってみて下さいね。
47都道府県のおいしいレシピでしたー!

その他トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×