経産相「適切な情報開示は重要」、東芝の決算発表延期受け

JNN/TBS

2月17日(金)22時09分

 経営再建中の東芝が決算発表を延期したことなどについて、世耕経済産業大臣は「適切な情報開示は重要だ」と指摘し、東芝の内部管理体制の改善が必要だとの認識を示しました。

 「上場企業であるわけですから、当然、監査法人との関係も含めた、十分で適切適時な情報開示や海外子会社も含めたガバナンスの実効性確保も、これは当然のこととして重要なわけでありまして、東芝において早急に適切な対応が行われればと考えています」(世耕弘成経産相)

 また、世耕大臣は、東芝が半導体のフラッシュメモリ事業の株式を過半数以上売却することも検討に入ったことについて、この分野では韓国のサムスン電子が先行しているという認識を示したうえで、日本が「どういう形で国際競争力を維持していくかを総合的に考えていくことが重要だ」と指摘しました。(17日11:27) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×