「ミッフィー」の生みの親ディック・ブルーナさん死去、89歳

JNN/TBS

2月18日(土)6時20分

 世界中で親しまれているウサギのキャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが亡くなりました。89歳でした。

 オランダの出版社は、ブルーナさん(89)が16日、オランダ・ユトレヒトにある自宅で老衰のため亡くなったと発表しました。

 ブルーナさんは1951年、父親の出版社でデザイナーとしてデビュー。本の表紙やポスターなどのデザインを手掛け、1955年にミッフィーシリーズの絵本の第1作を発表、日本でも1964年に出版され人気となりました。ミッフィーシリーズは子供から大人まで世界中で愛され続けていて、50か国以上で翻訳され、販売部数は8500万部を超えています。

 少年時代、ナチス・ドイツによる占領を体験したブルーナさんは、ポスターのデザインなどを通じて、平和や子供の貧困対策などを訴える活動も行いました。(18日02:18) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×