ロッテ創業家4人が出廷=初公判で起訴内容否認-韓国

時事通信社

3月20日(月)17時58分

 【ソウル時事】ロッテグループの創業家一族が横領や脱税などで在宅起訴された事件の初公判が20日、ソウル中央地裁で開かれ、創業者の重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(94)ら4人が出廷した。

 韓国メディアによると、車椅子で公判に臨んだ重光氏は「この会社は私がつくり、100%株を持っている。どのようにして私を起訴できるのか」などと起訴内容を全面否認。30分で法廷を後にした。

 【時事通信社】

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×