石原元知事証人喚問、費用負担の報告など「記憶にない」

JNN/TBS

3月21日(火)5時34分

 東京都議会の百条委員会は20日、豊洲市場への移転を決めた石原慎太郎元知事を呼び、証人喚問を行いました。石原氏は移転を決裁した責任は認めたものの、費用負担の報告などは「記憶にない」と繰り返し、解明は進みませんでした。

 「侍らしく潔く執行責任をお認めになりますか」(都議会自民党 来代勝彦都議)

 「『土壌の問題には確信があるのか』と聞きましたら、『現在の技術をもって大丈夫です』ということで、『分かりました』と決裁を致しました。その責任は私は認めます、もちろん」(石原慎太郎元都知事)

 なぜ汚染された豊洲を移転先と決めたのか。石原氏は従来の主張を繰り返しました。

 「都庁全体の流れとして市場を豊洲に移すということは、大きな流れとして決定していたようで、私も逆らえるものではありませんでした」(石原慎太郎元都知事)

 また、土壌汚染対策や費用負担の報告については「記憶にない」としました。

 「事前に報告を受けていたと思いますが、イエスかノーでお答えください」(共産党 曽根肇都議)

 「受けたか受けていないか覚えておりません。事は全て担当者に一任しておりましたから」(石原慎太郎元都知事)

 「(岡田元市場長)ご本人も証言していますし、百条委員会に出された資料もあります。これでも記憶にないとおっしゃるんですか」(共産党 曽根肇都議)

 「ですから何なんですか」(石原慎太郎元都知事)

 また、石原氏は豊洲に移転すべきと主張し、小池知事を批判しました。

 「小池さんが速やかに決断して豊洲に市場を移転するべきだと思いますし、何で小池さんがそれを行わないのか、非常に不可解でありますし、彼女の不作為の責任が問われるべきだと思います」(石原慎太郎元都知事)
(21日00:27) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×