災害伝える担い手に=体験聞き取り紙芝居-地元小学生、上演へ・広島

時事通信社 8月20日(日)17時06分

3年前の土砂災害で避難所になった広島市安佐北区の市立三入小学校では今年度、児童が住民から体験を聞き取り、紙芝居にする取り組みを始めた。指導する教諭は紙芝居作りを通じ、「災害を伝える担い手としての自覚を持って生きてほしい」と考えている。 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×