「パキスタンのマザー・テレサ」国葬=ハンセン病治療に尽力のドイツ人

時事通信社 8月19日(土)19時53分

【ニューデリー時事】パキスタンでハンセン病患者の治療に身をささげ、「パキスタンのマザー・テレサ」と呼ばれたドイツ人修道女、ルート・プファウさんの国葬が19日、パキスタン南部カラチで営まれ、フセイン大統領も出席した。プファウさんはパキスタンで150カ所以上の医療施設を整備するなど尽力し、10日に87歳で亡くなった。 →続きを読む







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×