九段下駅乗換改善に向けた工事の開始について

東京メトロ

9月14日(木)14時00分

~お客様の利便性向上を目指して~

東京メトロと東京都交通局では、このたびサービス一体化の取り組みの一環で、九段下駅における東京メトロの東西線及び半蔵門線、都営新宿線の更なる利便性向上施策として、3線共通改札口の設置及び乗換エレベーターの整備並びに駅の環境整備の工事を開始します。工事期間中は、駅ご利用のお客様に大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。


1 主な工事内容

3線共通改札口の設置 (平成32年3月末 供用開始予定)                                地下3階に設置している既存改札口4か所(半蔵門線及び新宿線)を撤去するとともに、地下2階の改札口2カ所(東西線)を移設し、3線共通改札口とします。このため、改札口を出ることなく、東西線と半蔵門線、新宿線との乗換えが可能になります。

(2)乗換エレベーター整備(平成32年3月末 供用開始予定)                            九段坂側に地下4階(半蔵門線・新宿線ホーム)から地下3階コンコース、地下2階(東西線ホーム及び改札口)に乗換エレベーターを3基整備します。このため、エレベーターご利用の場合にも、地上を経由しないで中野行き東西線と半蔵門線、新宿線との乗換えが可能になります。

(3)その他の工事(平成37年3月末 供用開始予定)

天井パネル改修、各種設備の更新などの工事もあわせて実施します。


2 工事期間                                        
 平成29年10月から平成37年3月末まで(予定)

プレスリリーストピックス

{$pvScript}






天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×