単品定期通販向けカートシステム「リピスト」、「Amazon Pay」と連携開始。LP一体型フォームとの組み合わせで買い物が驚くほど簡単に。

株式会社PRECS

10月13日(金)10時30分

株式会社PRECS(東京都千代田区、代表取締役 廣田朋也、以下「PRECS」)は、単品定期通販カートシステム「リピスト」、及び高機能ECカートシステム「PRECS」に、総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下「Amazon」)のアカウントを利用して商品の支払いができる決済サービス「Amazon Pay」と連携したことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/29098/1/resize/d29098-1-224544-3.jpg ]


リピスト: https://rpst.jp/
Amazon Pay: https://pay.amazon.com/jp

■「Amazon Pay」なら面倒な入力作業は不要。
Amazonのアカウント情報を利用して買い物ができるサービス、 「Amazon Pay」を利用すると、初めて購入するECサイトでもお届け先や、クレジットカード情報の入力が不要となり、簡単に買い物ができるようになります。「リピスト」の2クリックで購入完了ができる、ランディングページ一体型のフォームと「Amazon Pay」を組みあわせることで、大幅なカゴ落ち防止と新規顧客の獲得が期待できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/29098/1/resize/d29098-1-263457-0.jpg ]


■「Amazon Pay」連携の背景
年々高騰化するWEB広告、少しでも離脱率を無くし、CPOを下げるために「Amazon Pay」は有効的な手段と考えられます。また、初めて利用するECサイトではクレジットカードの入力を拒むユーザーも多く、「Amazon Pay」の決済を導入することで初めて利用するECサイトでもユーザーが安心してお買い物をすることが可能です。これらの理由によりCVRの大幅な向上が期待できると判断し、連携させて頂くことになりました。

■ご利用料金について
【対象】
「リピスト」「PRECS」をご利用中のお客様
【料金】
初期費用:10,000円
月額費用: 5,000円
決済手数料:「Amazon Pay」の手数料がかかります。

■「リピスト」、「PRECS」について
これから定期通販を始める事業者様から、既に定期通販を始められている事業者様まで幅広くカバーできる、「定期通販特化型のカートシステム」です。WEBからのCVRを劇的に向上させる「LP一体型フォーム」や、広告分析機能が最安値のプランでも標準で実装。コールセンター向けの管理画面やステップメール機能なども実装可能で運用に合わせて必要な機能を追加することが可能。 2017年10月現在、流通総額は年間430億以上、約450店舗様にご利用頂いております。

■株式会社PRECSについて
会社名  :株式会社PRECS
代表者  :代表取締役 廣田 朋也
ホームページ: https://precs.co.jp
設立   :2013年4月(関連企業より分社化)
カートASP開始:2008年7月(関連企業にて開始)
資本金  :2,000万円
所在地  :〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-7-22
      ワールドビル2階
{$pvScript}






天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×