政府、4条件クリア、根拠示さず=加計獣医学部新設で-参院連合審査

時事通信社

12月7日(木)19時15分

参院文教科学、内閣両委員会の連合審査会で答弁する林芳正文部科学相(右)。左は梶山弘志地方創生担当相=7日午後、国会内
クリックして拡大

参院文教科学、内閣両委員会の連合審査会で答弁する林芳正文部科学相(右)。左は梶山弘志地方創生担当相=7日午後、国会内
 参院文教科学、内閣両委員会は7日、学校法人「加計学園」の国家戦略特区による獣医学部新設に関する連合審査を行った。野党は、学部新設に当たり「既存の大学では対応困難」などとする政府の4条件を満たしているかただした。特区担当の梶山弘志地方創生担当相は「特区諮問会議で4項目それぞれの適合を含めて異論なく了承された」と述べるにとどめ、条件をクリアしたとする具体的な根拠を示さなかった。

 共産党の田村智子氏は加計学園の構想が「既存大学で対応困難」と判断した理由をただした。林芳正文部科学相は「カリキュラムの抜本的見直しや教員の大幅な入れ替えが必要になり、既存の組織で対応することは一般的に困難だろうと解釈した」と述べるにとどめた。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×