毎日スポーツ人賞、桐生祥秀選手がグランプリに

JNN/TBS

12月7日(木)19時55分

 今年のスポーツ界で活躍した個人や団体に贈られる毎日スポーツ人賞の表彰式が行われ、陸上の桐生祥秀選手がグランプリに輝きました。

 9月に9秒98をマークし、ついに日本人として初めて10秒台の壁を破った桐生選手。更なる高みを目指し、来シーズンの意気込みを語りました。

 「0.01秒でもタイムを更新していって、これから先、どんどん日本記録を更新したい」(グランプリ 桐生祥秀選手)

 新人賞を受賞したのは卓球の張本智和選手。ワールドツアー最年少優勝を果たすなど、目覚しい活躍をみせる14歳の気になる人は1つ年上の・・・。

 「将棋の藤井四段。小さいとき少しだけ将棋をしたことがあったので、お手合わせしていただけたら。もっとすごい成績をたくさん出して、将来は東京五輪で金メダルを取りたい」(新人賞 張本智和選手)
(07日17:11) JNN/TBS

その他トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×