9人遺体事件受け、自殺予防学会が緊急提言まとめる

JNN/TBS

12月7日(木)23時19分

 神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件を受けて、日本自殺予防学会が緊急の提言をまとめました。

 座間市で男女9人の遺体が見つかった事件では、逮捕された白石隆浩容疑者がツイッターなどで自殺願望を示していた被害者と知り合い、連絡を取っていたことが明らかになっています。

 事件を受けて日本自殺予防学会が7日、提言をまとめ、「ネットは若者が心情を吐露する場として必要不可欠で、一律に規制すべきではない」との考えを示しました。

 「(ネット上で)死にたい気持ちを吐露すること自体も悪いことではないんだよっていう。一律に規制をかけるということは、一方では若者が心情を吐露する場がなくなってしまう危険性もはらんでいます」(日本自殺予防学会 張賢徳理事長)

 「つながり続けるっていうことが、死にたい人に対する大きな力になる、支援になる。いかにつながり続けるかということを意識したアプローチをしていけばいいはずなんだということ」(筑波大学 保健管理センター 太刀川弘和所長)

 学会では、ネット上のSOSを直接の相談につなげるよう、システムの開発を進めたいとしています。(07日19:02) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×