サイバー防衛協力を確認=日・エストニア首脳会談

時事通信社

1月13日(土)1時37分

エストニアのラタス首相(左)と握手する安倍晋三首相=12日、タリン(AFP=時事)
クリックして拡大

エストニアのラタス首相(左)と握手する安倍晋三首相=12日、タリン(AFP=時事)
 【タリン時事】安倍晋三首相は12日午後、エストニアのラタス首相と首相府で会談した。「IT立国」を掲げる同国とサイバー防衛協力を強化することや、北朝鮮に核・ミサイル開発を断念させるため圧力を高めることを確認した。

 首相は、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国との間で「日バルト協力対話」を創設することを提案。IT・サイバー防衛、物流、医療など、年度ごとにテーマを設定し、政府関係者や専門家が参加して協議することとし、2018年度に初会合を開く。

 エストニアは国政・地方選挙でインターネット投票を導入するなどIT先進国として知られる。07年にロシアの関与が疑われる大規模なサイバー攻撃を受けた経験から、北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛協力センターを誘致した。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×