JR東日本と西日本発注 制服入札めぐり談合、9社に課徴金

JNN/TBS

1月13日(土)8時36分

 JR東日本と西日本が発注した制服の入札をめぐり、大手百貨店などあわせて9社が談合を繰り返していたとして、公正取引委員会がおよそ4500万円の課徴金を命じました。

 課徴金を命じられたのは大手百貨店の三越伊勢丹や丸紅メイトなど9社です。公正取引委員会によりますと、9社は、JR東日本と西日本が発注した制服の入札をめぐり、事前に価格を話し合い、受注する業者を決めていたということです。

 制服業界では長年、談合を繰り返していたということで、公正取引委員会は独占禁止法に基づいて9社に合わせておよそ4500万円の課徴金を命じました。(13日00:10) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×