ICJの小和田裁判官、6月に退任=皇太子妃の父、来年の即位考慮

時事通信社

2月13日(火)19時36分

首相官邸に入る小和田恒氏(中央)=13日午後、東京・永田町
クリックして拡大

首相官邸に入る小和田恒氏(中央)=13日午後、東京・永田町
 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)の小和田恒裁判官(85)が6月に退任することになった。小和田氏は皇太子妃雅子さまの父。自身が高齢であることに加え、来年5月の皇太子さまの天皇即位に伴い、雅子さまが皇后になられることを考慮し、今月6日付でICJに辞表を提出した。

 小和田氏は13日、安倍晋三首相と首相官邸で会い、ICJに辞表を提出したことを報告。首相は「長い間、ご苦労さまでした」とねぎらった。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×