小池都知事が豊洲市場を視察、近く業界団体から要望を聴取

JNN/TBS

2月14日(水)0時32分

 東京都の小池知事は豊洲市場を視察し、10月の移転に向けて、近く業界団体から要望を聞く考えを示しました。

 小池知事は13日、ブログなどで食について発信する人たちを対象とした見学会を視察するため、豊洲市場を訪れました。小池知事が訪れるのは、移転日が「10月11日」に決定してから初めてです。

 小池知事は、仲卸業者から魚や果物の見極め方、いわゆる「目利き」の説明を聞き、視察に訪れた人たちに「豊洲からいろいろな知恵が皆さんのところに流れていく」と市場の魅力をPRしました。また、10月の豊洲移転に向けて、小池知事は業界団体から近く要望を聞く考えを示しました。

 「様々なご要望、どんどん具体的なご要望が上がっているかと思います。駐車場が足りないであるとか。ということは、とても準備が本格的になってきたという証左ではないかと思っております。また、市場の皆さんとは近々うかがって、直接お話をうかがってこようと思っております」(東京都 小池百合子 知事)

 東京都は、土壌汚染などによる風評被害を払拭するため、こうしたイベントを計画していますが、業界団体からは交通アクセスの改善や駐車場の確保といった要望が出されていて、準備の遅れを心配する声も上がっています。(13日20:28) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×