タンクローリーが追突、軽乗用車の男女2人が死亡 北海道・当別町

JNN/TBS

2月14日(水)4時49分

 13日、北海道当別町で軽乗用車がタンクローリーに追突され、乗っていた男女2人が死亡しました。

 原型をとどめないほど壊れた軽乗用車。後ろの部分は、タンクローリーの下にもぐり込んだ状態になっています。

 13日午前10時半ごろ、当別町の国道337号線で、信号待ちをしていた軽乗用車がタンクローリーに追突され、前に止まっていた別のタンクローリーとの間に挟まれました。この事故で、軽乗用車に乗っていた江別市の解体業、長谷正さん(72)と西路あや子さん(69)が死亡しました。警察によりますと、現場に目立ったブレーキの痕はなかったということです。

 追突したタンクローリーの運転手で、逮捕された吉村縁容疑者(63)は警察の調べに対し、「車が止まっているのに気づかなかった」と話しているということです。(14日03:48) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×