上越新幹線、走行中に金具落下か

JNN/TBS

2月14日(水)15時22分

 上越新幹線で車両の床下に取り付けられていた金具が無くなり、別の車両の屋根で発見されました。走行中に外れたものとみられています。

 JR東日本によりますと、問題の金具は、走行中の振動を抑える「ストッパ金具」で、縦20センチ、横15センチ、重さは2.6キロあります。上越新幹線1号車の前輪近くについていたものが無くなっているのがわかり、同じ新幹線の6号車の屋根の上で見つかりました。この新幹線は、12日から13日にかけ、東京~新潟間などを3往復していて、走行中に外れ、跳ねあげられて車両に上がったものとみられています。

 13日の車両点検で判明したもので、JRは「走行に影響がない部品」としていますが、国交省がJRに聴き取り調査を進めています。(14日13:41) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×