特殊メイクでアカデミー賞候補、日本人アーティストの「技」とは

JNN/TBS

2月14日(水)16時35分

 来月、アメリカで授賞式が行われる映画の最高峰アカデミー賞。メイクアップ・アンド・ヘアスタイリング部門でノミネートされている辻一弘さんが、JNNの取材に答えました。

 ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト・辻一弘さん(48)。

 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の主演俳優の特殊メイクを手掛け、アカデミー賞のメイクアップ・アンド・ヘアスタイリング部門でノミネートされました。

 「(主演俳優に)もし僕がメイクできるならこの映画を作るけど、できないならあきらめると言われた。これはシリコンでできていて非常に柔らかいですけど、これを本人に直接貼り付けて、色を塗ってメイクを仕上げていく。貼った後にエッジを溶かしてなじませていく」(辻一弘さん)

 この特殊メイクの開発と試作に、半年ほどかかったといいます。

 「お客さんが“何かおかしい”と気づくと、気が散ってしまう。人物のメイクで大事なのは、“メイクしてる”と分かったらそこでおしまい」(辻一弘さん)

 今回でアカデミー賞3回目のノミネートとなる辻さん。初受賞はなるのでしょうか?授賞式は日本時間の来月5日です。(14日14:40) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×