新潟市で踏切事故、列車の乗客が2時間半缶詰め

JNN/TBS

6月14日(木)5時32分

 新潟市のJR越後線の踏切で、13日夕方、軽トラックに列車が衝突し、乗客らが2時間半近く取り残されました。

 事故があったのは、新潟市西区のJR越後線です。13日午後5時半ごろ、早潟道踏切で、軽トラックが普通列車と衝突し、運転していた70代の男性が軽いけがをしました。

 列車の乗員乗客およそ240人に、けがはありませんでした。この内、家族らが迎えに来た一部の乗客は、安全確認の上、降りることが認められました。

 この事故の影響で、JR越後線は、一部の区間で2時間半近く運転を見合わせました。(14日03:56) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×