参院6増の自民党案、まもなく参院本会議で可決へ

JNN/TBS

7月11日(水)19時18分

 来年の参議院選挙に向け、定数を6増やすことなどを盛り込んだ自民党提出の公職選挙法改正案が、参議院本会議で、まもなく可決される見通しです。国会からの報告です。

 法案は、こちら国会内のいま現在も行われている参議院本会議で、まもなく可決される見通しです。

 これに先立つ委員会では野党議員の怒号が飛び交うなかで採決が行われ、与党の賛成多数で自民党案が可決されました。

 与党側は12日以降、衆議院で審議を始めて、今月22日までの今の国会での成立を急ぎます。一方で、会期末が近づくタイミングで駆け足で進められた審議に、与党・公明党からも「自民党の考えをもう少し早くまとめていただきたかった」という声が上がるなど、議論がやや拙速だった感はぬぐえません。(11日18:38) JNN/TBS

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×