「世界一長い爪」の展示、NYの博物館で始まる

JNN/TBS

7月12日(木)6時24分

 「世界一長い爪を持つ男」としてギネス記録にも認定されていたインドの男性が、アメリカ・ニューヨークの博物館に爪を寄贈しました。

 「身長160センチに満たないこちらの男性。伸ばしていた爪が展示されています。全部で9メートルあります」(記者)

 ニューヨーク・タイムズスクエアにある博物館で11日、「世界一長い爪を持つ男」のギネス世界記録を持っていたインドのシドハル・チラールさんの爪の展示が始まりました。

 チラールさんは左手の爪を66年間伸ばし続けましたが、80歳を超え日常生活を送る上で負担となったので爪を切ることを決意したということです。

 学校の先生に怒られたことをきっかけに爪を伸ばし始めたというチラールさん、「私は困難にチャレンジして、やり遂げたことを先生に報告したい」と誇らしげに語っていました。(12日03:41) JNN/TBS

国際トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×