ユース五輪、卓球は男女ともに「金」逃す

JNN/TBS

10月11日(木)16時31分

 15歳から18歳までの選手がメダルをかけて戦うユースオリンピック。卓球では、日本のエースが中国の次世代エースと決勝で激突しました。

 まずは、初出場の18歳・平野美宇選手。準決勝まで1ゲームしか落としていない平野選手は、世界ジュニア女王・中国の孫穎莎選手と互角の戦いを繰り広げます。しかし、未来の中国を背負う孫選手を攻略できず悔しい敗戦。それでも女子シングルス初の銀メダル獲得です。

 また、男子は15歳の張本智和選手が中国の王楚欽選手と対戦しました。第3ゲーム、アジア大会・金メダリスト相手に1点しか取れず、そのまま流れを引き寄せられなかった張本選手。2年後へ、更なる飛躍を誓いました。

 「(中国の)選手に勝てないと東京五輪でメダルも難しいので、少ないチャンスを試合で生かせるように、もっと練習していきたい」(銀メダル 張本智和 選手)
(11日15:52) JNN/TBS

その他トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×