薬局でレジなし決済=仙台で19年に店舗実験-医薬品卸大手

時事通信社

10月11日(木)20時17分

 医薬品などの卸売りを手掛けるPALTAC(パルタック)は11日、レジなしで商品の代金を支払える薬局での実験を、2019年半ばまでに仙台市で始めると発表した。人手不足の中で店舗の省人化を図るとともに、レジ待ち時間をなくして顧客の利便性を向上させる狙い。

 実験は、東北地方でドラッグストアを展開する薬王堂の仙台泉館店で行う。顧客が棚から取った商品の種類や個数を天井に設置された複数のカメラで把握。スマートフォンのアプリと連動して自動精算できるようにする。スマホを持たない人など向けに、従来型のレジも最低限残す見通しだ。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×