“パワハラが原因”遺族が提訴 ご当地アイドル自殺

JNN/TBS

10月12日(金)19時49分

 愛媛県のご当地アイドルのメンバーだった16歳の少女の自殺。所属事務所からのパワハラなどが自殺を招いたとして、遺族が12日、社長らを相手取りおよそ9200万円の損害賠償を求める裁判を起こしました。

 愛媛県のご当地アイドル「愛の葉Girls」のメンバーとして活動していた今年3月、16歳で自ら命を絶った大本萌景さん。遺族は12日、過重な労働やパワハラが自殺を招いたとして、所属していた事務所の社長らを相手取り、およそ9200万円の損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こしました。

 「娘が残した言葉、その意味を一番よく分かっている佐々木社長に、裁判を通してしっかりと話をしてほしい」(萌景さんの母 大本幸栄さん)

 「加重労働もあったり、休みたくても休めない、辞めたくても辞められない、相談もできないといったことがあるわけだが、最後のお金を貸してほしいのに『貸せない』と言って裏切られた事とか1億円の発言、そういったことも(自殺の)トリガーになっている」(原告側 望月宜武 弁護士)

 訴えによりますと、イベントで早朝から深夜まで拘束され、大本さんがグループを脱退したいと訴えたところ、スタッフからLINEで「寝ぼけた事を言いだしたらマジでブン殴る」というメッセージを送りつけられたということです。さらに、社長から「辞めるのであれば1億円を支払え」と言われるなど、パワハラを受けていたと主張しています。

 一方、事務所の社長は11日、取材に応じ「労働基準法は守っていた」と主張したうえで、次のように反論しました。

 「辞めるという話も出ていないし、お金の話も出ていないし、1億円と言ったこともございません」(hプロジェクト 佐々木貴浩 社長)

 事務所側は訴えの内容に事実と異なる点があるとして、争う姿勢を示しました。(12日18:15) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×