イオンがフジと資本業務提携

JNN/TBS

10月13日(土)1時12分

 流通最大手の「イオン」は、四国や中国地方でスーパーを中心に展開する「フジ」と資本業務提携を結んだと発表しました。

 イオンが資本業務提携したのは、中国、四国地方で食品スーパーを中心に96店舗を展開する「フジ」です。イオンは来年2月末をめどに「フジ」の発行済み株式の最大15%を取得する予定で、取得額はおよそ130億円の見込みです。

 「食品小売業の分野においては、地域を外した規模の追求はありえない。新しいスーパーに脱皮、変換していけるかが既存のスーパーにとっても重要な問題」(イオン 岡田元也 社長)

 イオンは食品スーパー事業の競争力を高めるため、2020年までに首都圏以外を6つの地域に分けて再編し、地域密着で売り上げを伸ばしたい考えです。(12日18:41) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×