警視庁、「バスタ新宿」でテロ対策訓練

JNN/TBS

12月7日(金)1時53分

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、東京・新宿駅南口のバスターミナル「バスタ新宿」で、警視庁がテロ対策の訓練を行いました。

 訓練は6日、新宿駅南口の日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」で行われ、警察官やバスターミナルの職員あわせておよそ150人が参加しました。テロリストの男が爆発物を仕掛けたとの想定で、警察官が警備犬を使ってテロリストの男を確保し、爆発物処理班が爆発物の入ったリュックサックを撤去しました。

 「平均しますとだいたい3万近い人が利用されているということで、こういった施設、テロの対象になるということは十分予想されるわけでございます」(警視庁原宿署 酒林利男署長)

 警視庁は、「官民一体となってテロ対策を進めていきたい」としています。(06日17:46) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×