ソフトバンク通信障害、総務省が行政指導を検討

JNN/TBS

12月7日(金)11時54分

 ソフトバンクが6日、大規模な通信障害を起こしたことについて、菅官房長官は「極めて遺憾だ」としました。今後、総務省は、行政指導を検討することにしています。

 ソフトバンクと格安ブランドの「ワイモバイル」などの携帯電話では、6日午後1時半すぎからおよそ4時間半にわたり、音声通話やデータ通信が利用しづらくなる大規模な通信障害が起こりました。

 これについて総務省は、6日から数回にわたり、ソフトバンクから報告を受けました。

 「全国、多くの利用者にご不便をおかけしており、極めて遺憾であります」(菅義偉 官房長官)

 菅官房長官は、電気通信事業法に基づく重大な事故に該当すると指摘。総務省は、ソフトバンクに対し原因究明と再発防止策の報告を求めていて、今後、行政指導も検討することにしています。(07日11:09) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×