C大阪新社長に森島氏=クラブOB、元日本代表46歳

時事通信社

12月7日(金)12時27分

森島寛晃 元プロサッカー選手
クリックして拡大

森島寛晃 元プロサッカー選手
 J1のC大阪の次期社長に、元日本代表MFでクラブOBの森島寛晃氏(46)が就任することが7日、関係者の話で分かった。今月下旬の株主総会を経て正式に決まる。

 広島県出身の森島氏は、1991年にC大阪の前身であるヤンマーに入り、2008年の引退までC大阪一筋で歩んだ。日本代表では、ワールドカップ(W杯)で98年フランス、02年日韓の両大会に連続出場するなど、国際Aマッチ64試合で12得点を挙げた。昨年から、C大阪のチーム統括部フットボールオペレーショングループ部長(強化部長)を務めている。

 15年に就任した玉田稔社長は今季限りで退任する。昨季はクラブ初のタイトルとなったルヴァン杯優勝を果たし、天皇杯と合わせた2冠に貢献した。

 【時事通信社】

スポーツトピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×