安倍首相、米大使館を弔問=ブッシュ氏死去

時事通信社

12月7日(金)15時34分

 安倍晋三首相は7日、ブッシュ(父)元米大統領の死去を受け、東京都内の米国大使館を弔問した。首相はハガティ駐日大使と懇談し、故人が日米関係の強化に貢献したことを指摘、「功績を胸に刻みながら日米関係をさらに発展させたい」と伝えた。大使は謝意を示した。

 また首相は、在日米軍のFA18戦闘攻撃機とKC130給油機の接触事故について「乗員が亡くなられたことに哀悼の意を表する。残る乗員が一刻も早く無事に救助されるよう日本側として最善の努力を行っている」と語った。

 ブッシュ氏について、首相はこの後、首相官邸で記者団に「自由世界を率いた偉大な大統領だった。日米同盟関係の深化に大きな功績を残した」とたたえた。

 【時事通信社】

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×