辺野古埋め立て作業、土砂積載船が現場海域に到着

JNN/TBS

12月7日(金)13時21分

 普天間基地の名護市辺野古への移設計画を巡り埋め立て用の土砂を積んだ船が7日朝、現場海域に到着し埋め立て作業に向けた準備は最終段階に入りました。

 政府は、今月14日にも辺野古沿岸部で本格的な埋め立てを始める方針で、今月3日から名護市内の民間の桟橋から運搬船に土砂を積み込んでいました。

 7日午前8時半すぎ、土砂を積んだ4隻の船が辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブの臨時制限区域内へと入り、埋め立てに向けた準備は最終段階に入りました。

Q.作業が14日に向け進んでいますが?
 「・・・」(玉城 沖縄県知事)

 移設に反対する県と国との対立は、さらに深まりそうです。(07日11:40) JNN/TBS

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×