日産、完成車検査で新たな不正発覚

JNN/TBS

12月7日(金)15時28分

 日産自動車の新車の出荷前の検査で、新たな不正が見つかりました。日産で検査不正が発覚するのは、これで4度目です。

 日産などによりますと、新たな不正が見つかったのは、ブレーキなど複数の項目の検査で、日産による自主点検の結果、一部の工場で発覚したということです。

 日産で検査不正が発覚したのは、去年9月の無資格者が検査に関与していた問題や、今年7月の排ガスデータ改ざん問題などに続き、これで4度目となります。

 日産は、対象車種をリコールするかどうかを国土交通省と協議していて、年内にも検査不正の内容と今後の対応を公表する予定です。

 石井国土交通大臣は、「日産からの報告を踏まえ、対応が必要となる場合には厳正に対処する」としています。(07日11:07) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×