北海道各地で雪、8日にかけ大雪や吹雪に注意を

JNN/TBS

12月7日(金)14時19分

 急速に発達中の低気圧の影響で北海道では雪が降り、8日にかけて大雪や吹雪による交通機関の乱れに注意が必要です。

 北海道小樽市では、7日朝から雪が降り始め、午後1時までの降雪量は22センチとなりました。

Q.頭まで積もっているが?
 「すごい。今までの分が降ったのでは」(小樽市民)

 「朝起きたらこんなに降っていてびっくりした」(観光客)

 北海道の日本海側では、午後3時ごろまでをピークに大雪や吹雪となる見込みです。また、北海道沿岸部では、最大瞬間風速30メートルの強い風が予想されています。

 一方、新千歳空港では、これまでに国際線を含む32便が欠航となり、午後からも吹雪や大雪による交通機関の乱れに注意が必要です。(07日13:45) JNN/TBS

社会トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×