“外国人材”法案、参議院で与野党攻防続く

JNN/TBS

12月7日(金)14時19分

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた法案をめぐって、参議院で続く与野党の攻防について国会からの報告です。

 「入管難民法改正案」を審議する参議院法務委員長らに対して提出された解任決議案について、野党側は本会議で解任理由を強く訴えましたが、否決されました。

 「止めさせて、連れてけ」
 「降壇しなさい」(伊達忠一 参院議長)
 「ルールを破っているのは安倍内閣だ」(自由党 森ゆうこ 幹事長)

 参院本会議で、横山法務委員長と堂故農水委員長に対する解任決議案は、いずれも与党などの反対多数で否決されました。

 午後から始まっている法務委員会の理事の協議の中で与党側は、法案の採決を提案しましたが、野党側はこの後、山下法務大臣の問責決議案を提出するなどして抵抗する構えです。(07日13:45) JNN/TBS

政治トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×