上昇幅、29年7カ月ぶり=災害で低迷の反動-10月景気指数

時事通信社

12月7日(金)17時07分

 内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比2.9ポイント上昇の104.5となり、2カ月ぶりに改善した。台風や地震など災害の影響で生産、出荷が落ち込んだ前月の反動で、上昇幅は消費税導入前の1989年3月(3.8ポイント)以来、29年7カ月ぶりの大きさとなった。

 基調判断は「足踏みを示している」に据え置いた。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×