「自動車税」 最大4500円引き下げ、消費増税対策で

JNN/TBS

12月7日(金)17時16分

 政府・自民党は、来年の消費税増税に伴う景気対策として、自動車を保有する際にかかる「自動車税」を最大4500円引き下げる方向で最終調整に入りました。

 来年10月以降に購入した人が対象で、具体的には、1000CC以下の車は現在の年2万9500円から2万5000円に、1500CCの場合は3万500円に、それぞれ引き下げられます。

 減税の規模は最終的に1300億円規模にのぼる見通しで、財源はエコカー減税の対象車種を絞ることなどで捻出する考えです。

 自民党は、来週取りまとめる税制改正大綱に、恒久減税として盛り込む方針です。(07日15:16) JNN/TBS

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×