街角景気3カ月ぶり悪化=暖冬、株安響く-12月

時事通信社

1月11日(金)16時54分

 内閣府が11日発表した2018年12月の景気ウオッチャー調査によると、3カ月前と比べた街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比3.0ポイント低下の48.0で、3カ月ぶりに悪化した。暖冬で冬物衣料の販売が不振だったほか、株価の急落も影響した。

 基調判断は7カ月ぶりに下方修正し、「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる」とした。前月は「緩やかに回復している」だった。

 【時事通信社】

経済トピックス







天気予報

天気予報

ランキング

クリックひとつでニュースを表示、便利な拡張機能はこちら ×